金沢製菓は
昭和26年創業のポン菓子一筋の製菓です。

その直売店として伊予市尾崎に「海街商店」が2022年2月26日にオープンしました。

「ポン菓子」は
子供の頃にお祭りなどでよく見かけました。

職人さんが米の入ったポン菓子機の窯を回転させながら加熱します。窯の気圧が10気圧程度になったら回転を止め、フックをハンマーで叩くと「ドカン」と言う破裂音(爆発音)とともに膨らんでサクサクした米が出てきます。

破裂音(爆発音)が余りに大きいので今でも耳に残って忘れられません。

昔のポン菓子は、
出来上がったサクサクした米に水と砂糖を入れて煮詰めた飴を絡めるだけでしたが、「海街商店」では沢山の種類の味を楽しむことができます。

1.外観

IMG_8238

ポン菓子を「オコシ」と「ライス」の2種類に加工して販売しています。
IMG_8245

2.内観

店内に入ると左手には「ようこそ海街へ」
正面のテーブルの上にはトッピング用のパットライスが。
その右横にはポン菓子機?
右手には販売用のポン菓子が。
IMG_8252

●豪華でいてお洒落な「パットライスギフト」

6種類のパットライスが入っています。
IMG_8242

●コメオコシ
IMG_8241

ポン菓子以外にも
コーヒー・ソフトクリーム・フロートの3種類の飲食メニューがずらり用意されています。
IMG_8247

店内では飲食できませんが、
駐車場横にはスタンディング丸テーブルが用意されています。

店の名前がついた
「海街フロート」:550円(消費税別)
IMG_8246

お土産に

●パットライス

珈琲味:280円(消費税別)
いちご味:280円(消費税別)

●コメオコシ

うすしお味:90円(消費税別)
黒糖味:90円(消費税別)

を購入しました。
FullSizeRender

スタンダードなプレーン味ではなく、

珈琲・いちご・うすしお・黒糖の4種類の味と
パットライスとオコシの2種類を。

昔懐かしいポン菓子の食感と今風の味付けを楽しむことができました。

原材料にこだわり、
製法にこだわってきたからこそ、「つぶれない店」として今でも続いているんだなあと、
思いました。

3.店舗詳細

会社名:金沢製菓
住所:伊予市灘町212
TEL:089-982-0866
URL:https://kanazawa-seika.jp/

4.店舗詳細

店舗名:金沢製菓 海街商店
住所:伊予市尾崎129-1
TEL:089-982-0866
地図: