1.彩り花展(砥部焼×花手水)

FullSizeRender

日付:2022年5月21日(土)〜6月10日(金)
場所:道後温泉別館 飛鳥乃湯泉館内

2.道後温泉別館「飛鳥乃湯泉」

2-1.外観

飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋がコンセプトの「新湯」だそうです。

中庭一面には、

写真家蜷川実花さんのカラフルでいて鮮やかな約230点の花の写真が広がっています。
IMG_9700

2-2.入浴料金

「彩り花展」は、飛鳥乃湯泉館内に展示してあるので入浴料を支払います。

1階浴室:
大人:610円(12歳以上)
小人:300円(2歳以上12歳未満)
※1階浴室チケットで2階の見学はできません。
IMG_9682


2-3.エントランスには、

書家 紫舟(ししゅう)作:水流香
が迎えてくれました。
IMG_9695

3.1階展示場所

女性作家集団「とべりて」が中心となって

個性あふれる砥部焼の鉢、
女性目線のしなやかな発想で作られた鉢、

に彩り豊かなお花を浮かべて花手水(はなちょうず)として展示しています。

<注>とべりて:とべやきのつくりて(7人の女性作家集団)
IMG_9696

2階にも展示しているようですが、今回の鑑賞は1階だけにしておきました。

作品1
IMG_9683

作品2
FullSizeRender

作品3
IMG_9692

作品4
IMG_9693

作品5
IMG_9694

作品6
IMG_9690

まだまだ、

たくさんの作品がありました。全部を紹介しきれないのが残念です。すみません。

お花の一つ一つは個性豊かな弦楽器・木管楽器・金管楽器・打楽器のようです。

ところが、

砥部焼の鉢の中では

それぞれがの楽器が一体となって、まるでオーケストラを演奏しているようでした。

●さくらひめ

愛媛県オリジナル品種のデルフィニウム

花色は淡いピンクで、桜のような花色と愛媛の「ひめ」から「さくらひめ」と名付けられたそうです。
IMG_9698

●全体
IMG_9697


道後公園の散策(今の時期は、西側の内堀で睡蓮の花が咲いています)で汗をかいたら、

道後温泉別館「飛鳥乃湯泉」に(まったり)浸かって洗い流し、
湯上がりサッパリ。

「彩り花展」で、
癒されて

身体も心もリフレッシュ。
ご満悦で帰路につくことができるでしょう。

4.地図